太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」

文・写真 旅行作家 ムン・チョルジン

太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 2,044
  • レビュー 0
釜山を代表する観光スポットの一つ、 太宗台。昔からの、あまりにも有名な観光スポットだから今更特別な発見はないだろうとさしたる期待を持たずに訪れるかも知れません。だけど、釜山の人にもあまり知られていない釜山の醍醐味が、そこには隠されています。手つかずの太古の自然に触れる場所。その名も太宗台「秘密の森」。太古の神秘が感じられる場所へ、いざ出発!
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」1
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」2
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」3
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」4

太宗台「秘密の森」

太宗台遊園地の大部分は、太宗山が占めている。ただ、文化財保護区域で、しかも山火事を予防する目的で一年の半分は立ち入りが禁止されているため、釜山で生まれ育った人でもあまり知らない場所だ。一部の地元住民だけが知っている、まさに「秘密の森」。

「秘密の森」への入口は、太宗台遊園地の入口に隠れている。これほど多くの人が太宗台を訪れているのに、石階段は人知れずひっそりと伸びている。階段の頂上に上ってすぐ右側の森の小径に入ると、太宗台「秘密の森の道」がいよいよ本格的に始まる。

太宗台入口から始まる森の道は、 法融寺の裏を通って森を貫通し、韓国海洋大学校と五六島が眺望できる海岸の崖の道を通って太宗寺まで続く。全長3.5㎞。太宗山を一周するトゥルレ道。所要時間は1時間30分から2時間ほど。
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」1
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」2
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」3
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」4
汗ばんだ体に気持ちのいい風が感じられ、少し冷えてくる頃。鼻腔を潮の香りが満たす。ここから海が見下ろせる海岸の崖の道が始まるのだ。

鉄条網に沿って大人一人がなんとか通ることができる狭い道は、手つかずの原始林に近い。ゼンマイ群生地が長く続き、その後は一面苔生した渓谷が現れ、さらに大きい岩が行く道をふさいだりもする。シダ類が随所に見えるが、その風景はまるでオーストラリアの熱帯雨林に入ったかのような錯覚を呼び起こし、不思議な気分を味合わせる。釜山にこんな森が残っているなんて、驚きだ。
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」1
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」2
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」3
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」4
太古の神秘を満喫しながら山のくねくねした小径を下りていくと、いつの間にか鉄条網は消え、左側に視界が開ける広々とした空間が目の前に現れる。韓国海洋大学校が手を伸ばせば届きそうなほどの距離に見え、向こうに北港や神仙台ふ頭、五六島、海雲台などがパノラマのように広がるのだ。

足元に広がる素晴らしい景色に思わず足を止めてしまう。顔に当たる海風が最高に気持ち良い。太宗台にこれほどの絶景が隠されているなんて、まったく知らなかった。そういえば、秘密の森の道に入ってから誰一人見かけなかったことに気づく。まるで自分一人のためにつくられた道のように感じられるなんて、なんと贅沢なことか。
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」1
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」2
海の風景を後にして再び森の道を歩いていくと、道は急傾斜となる。土の道が石の道へと変わり、周りの地形も険しくなってくる。たしかに気軽に入ってくることができる道だが、安全のためには最小限の準備をした方がいいかも知れない。水とトレッキングシューズは欠かせない。鉄条網のない場所では、とくに気を付けよう。気を抜くと、崖から落ちることだってないとは限らない。

息が上がって肩が上下し始める頃、再び平らな道が現れる。そして右側には、小さな洞窟が見える。自然洞窟ではなく、人工物だという。外から見ただけだと、三、四人が入るとぎゅうぎゅうになるほど小さく見えるが、中に入ってみると、意外と広い。

洞窟のところを過ぎて太宗哨所が見えると、ゴールはもう目の前だ。鉄条網前に到着すると突然道が切れてしまい、少し慌てるかも知れない。だけど案ずることなかれ、鉄条網に沿って右側の森へ少し入ると、舗装道路が現れるが、その道は太宗寺へと続く。


  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」1
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」2
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」3
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」4

太宗寺

なかなかドラマチックだった太宗台「秘密の森」でのトレッキング、その掉尾を飾る太宗寺は、1970年代に建立された。大雄殿を中心に、山神閣とその他の附属建物が太宗山の麓に位置し、静けさに包まれて周りの風景に溶け込むように佇んでいる。

平凡といえば平凡な寺。それが全国的に広く知られることになったのは、アジサイのおかげだ。7月の終わり頃、さまざまな種類のアジサイが咲き乱れると、まったく別世界のように様変わりする。寺院がアジサイの中に埋もれているかのように見え、その様はまさに壮観だ。アジサイの開花時期に合わせて開かれる「アジサイ文化祭り」を見るため、全国どころか海外からも多くの観光客が詰めかける。


  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」1
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」2
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」3
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」4

甘池海辺

太宗寺から下りると、一周道路が見える。右に曲がると太宗台遊園地入口へと続き、左に曲がると影島灯台と展望台を通って遊園地入口へ行くことができる。時間に余裕があれば、左に曲がって途中の影島灯台や展望台にも足を運んでみよう。ユネスコ世界ジオパークに指定された美しい太宗台の海岸絶景が見られるコースだ。
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」1
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」2
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」3
  • 太古の神秘を想起させる太宗台「秘密の森」4
遊園地の入り口から左の道を歩いていくと、甘池海辺に続く。太宗台に多く点在するモンドル(小石)海岸の一つで、開放感あふれる景色と青い海が印象的。甘池海辺から遊覧船に乗って海からの太宗台を眺めることだってできる。海辺に軒を連ねる貝焼き街の店に入って波の音に耳を傾けながら一杯お酒を嗜むロマンチックな時間も忘れずに。

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 住所

    太宗台遊園地 釜山広域市影島区東三洞山29-1
    太宗寺 釜山広域市影島区展望路119
    甘池海辺 釜山広域市影島区東三洞
  • 休業日

    年中無休
  • 営業曜日及び時間

    太宗台遊園地 毎日04:00-24:00
  • 利用料金

    無料(タヌビ列車の利用料金は別途)
  • 交通情報

    都市鉄道1号線藍浦駅 6番出口→影島大橋バス停にてバスに乗り換え30, 8→ 太宗台‧太宗台温泉にて下車
    バス8, 30, 66, 88, 101, 186 太宗台‧太宗台温泉にて下車
    駐車 太宗台駐車場(有料)
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

  • {{itemHashTag}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계