본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

影島大橋

必ずまた会おう

影島大橋
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 13,174
  • レビュー 0
  • 影島大橋1
影島大橋にまつわるそれぞれの物語はもう消えてしまったけれど、今もあの時を思い出すと目頭が熱くなる人々がいる。
戦争で家族と生き別れになった時、必ず生き残って影島大橋で会おうと涙ながらに約束したあの場所。
  • 影島大橋1
  • 影島大橋2
影島大橋は中区と影島区を結ぶ橋で、日帝強占期に架けられた。収奪の拠点だった釜山港と、その前にあった影島を結ぶ橋が必要だったからだ。1934年、釜山初の連陸橋であり可動橋のこの橋が開通した日には、橋を一目見ようと全国から大勢の人々が集まったという。橋桁が跳ね上がって船が通れるようになっている影島大橋は、全国的に有名になった。
  • 影島大橋1
  • 影島大橋2
影島大橋は、韓国戦争の戦禍の中で釜山に避難した人々が集まった場所でもある。全国的に知られていたため、再会を待ち合わせる場所となった。生き別れとなった家族を探して、人々は影島大橋に切実な思いを込めてメッセージを残した。誰かにとっては再会の喜びとなり、誰かにとっては悲痛な悲しみの場所となった影島大橋。家族の安否を確認しようと、すがる思いで占い師の元を訪れる避難民も多かった。今はなくなってしまったが、当時、影島大橋のそばには占い師が集まる「チョンバチ通り」があった。
  • 影島大橋1
  • 影島大橋2
戦争の爪痕がどんどん忘れられつつあった1966年、影島大橋は可動を中断した。老朽化により増加する交通量に耐えられなくなり、すぐ隣に釜山大橋が開通したため、その存続も不透明となった。しかし、影島大橋の歴史を記憶し、共有しようとの市民の努力により、47年ぶりに復元され、可動も再開された。
避難民が家族を探して集まったこの場所は、今ではたくさんの観光客が訪れる観光名所となった。午後2時になると警笛が鳴り始め、遮断器が下がる。行き来する車は一斉に停車し、少しずつ影島大橋が跳ね上がる。15分間行われるこの可動イベントは、避難民の悲しい歴史を記憶するための一つの神聖な儀式のようだ。
いつの間にか橋は元の位置に戻り、通行も再開される。影島大橋の欄干には、悲しい歴史が宿っている。毎日のように橋を訪れ、家族を探した避難民たちの悲しみが、胸に迫ってくる。

出会いの喜びと別れの悲しみが残る影島大橋を後にして、人々は太宗台やヒンヨウル文化村に足を運ぶ。

お役立ち情報

影島大橋の可動イベントは、14:00から15分間行われる。
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 住所

    釜山広域市影島区太宗路(テジョンロ)46
  • 電話番号

    釜山施設公団 +82-1670-8114
  • 営業曜日及び時間

    毎日
    常時
  • 利用料金

    無料
  • 交通情報

    都市鉄道:1号線南浦駅6、8番出口から徒歩4分
    バス:6、7、9、71、508、82、85、113、66、186、30、8、190、88、30番で影島大橋下車
  • 備考

    車いす利用可能
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계