본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

旅行キュレーション

同伴者
季節
旅行地
位置
全体371

乙淑島

クリック数21225   レビュー数0   좋아요0
洛東江と南海が出会う場所。 肥沃な土壌と淡水魚介類の生態の宝庫。 広い大地に豊富な餌があり、冬に渡り鳥が集まる場所。 釜山の美しい島、乙淑島を訪れた。
釜山市 > 沙下区

子供連れで楽しめる

クリック数21217   レビュー数0   좋아요0
子どもには良いものだけを見せてあげたいのが親心。どこへ行こうが、何をしようが、その気持ちは変わらない。釜山には、子どもと一緒に楽しめるスポットがたくさんある。
釜山市 > 影島区

民楽水辺公園

クリック数21119   レビュー数0   좋아요0
海から吹いてくる潮風を一番早く感じられる場所。 マリンシティと広安大橋の夜景を一番近くから眺められる場所。 夏になるとみんなが集まる憩いの場、民楽水辺公園。 1997年に開園した民楽水辺公園は、マリンシティと広安大橋ができる前から釜山市民の憩いの場として人気の公園だった。青い空と果てしない海が広がる風景は、周辺の環境が目まぐるしく変わる中でも、その場をしっかりと守ってきた。
釜山市 > 水営区

梵魚寺

クリック数20850   レビュー数1   좋아요0
釜山市金井区にある梵魚寺は、海印寺、通度寺とともに嶺南三大寺院に名を連ねている。 新羅の文武王の時代に建立され、歴史的にも多くの高僧を輩出した修行寺院として有名。特に、美しい渓谷と自然で有名な金井山の麓にあり、一年を通じて多くの人々が足を運ぶ。
釜山市 > 金井区

防弾少年団(BTS) ジミンコース

クリック数20774   レビュー数0   좋아요0
ビルボード第1位、グラミー賞プレゼンター、2018-2019年ワールドツアー公演62回(LOVE YOURSELF/SPEAK YOURSELF)。 防弾少年団を巡る巨大な記録は、今も更新され続けている。 世界的なスーパースターに成長した防弾少年団のメンバー、ジミンの子どもの頃はどうだったのだろう。防弾少年団の人気メンバーとして活躍するジミンの故郷、金井区で彼の足跡をたどってみよう。 ジミンコース 回東マル(旧回東小学校) - 多大浦海水浴場 - 夢の落照噴水
釜山市 > 金井区

金井山

クリック数20696   レビュー数1   좋아요0
ソウルに北漢山があるなら、釜山には金井山がある。 金井山は、釜山市金井区と北区、そして慶尚南道梁山市の広い地域にまたがっている。そのため、釜山の都心はもちろん、郊外からのアクセスも良い。あまりにも広いので、入口と全く別の場所が出口になっている登山コースも多い。韓国で最も長い山城である金井山城と、嶺南地方の三大寺院とされる梵魚寺がある金井山に行ってみよう。
釜山市 > 金井区

釜山近代歴史館

クリック数20633   レビュー数0   좋아요0
韓国の悲しい歴史である日帝強占期。日本の大陸侵略の足掛かりとなった釜山には、今もその痛みの痕跡がそのまま残っている。釜山近代歴史館は、波乱万丈の近代期の釜山の歴史を保存し、厳しかった時代の記憶を守り続けている。
釜山市 > 中区

自転車で楽しむ釜山

クリック数20562   レビュー数0   좋아요0
釜山は海、山、川をすべて抱いている。そんな自然環境のおかげで、釜山では好みに合わせて様々な体験ができる。特に、釜山の川沿いを自転車に乗って爽快に駆け抜けるのも、釜山を楽しむもう一つの方法だ。 自転車で釜山を楽しむには、当然ながら自転車が必要だ。自分の自転車があれはいいが、なくても心配いらない。釜山には計12か所の公共レンタサイクルがあるからだ。レンタサイクルは三楽・華明・麦島・大渚エコパークとスポワンパーク、左水営橋、乙淑島、温泉場駅、温泉川市民公園、民楽洞などで無料または手頃な料金で利用できる。 自転車に乗って釜山を楽しむ時間。自転車のライダーたちに人気のライドスポット5か所を紹介しよう。
釜山市 > 江西区

釜山の都心で散歩

クリック数20451   レビュー数0   좋아요0
荒嶺山の中腹をたどって区間全体を一周できる自然散策路で、都心の中で森林浴を楽しむことができる嬉しいコースだ。釜山の4つの区にまたがっており、全区間を一周するのに5~6時間ほどかかる。一周するのが難しいなら、区間ごとに歩いてもいい。トゥルレ道はクモの巣のようにつながっているので、区間別のトレッキングも難しくない。
釜山市 > 水営区

文化共感 水晶・草梁1941

クリック数20112   レビュー数0   좋아요0
東区は、釜山の近現代史にまつわる物語がいたるところに残る場所。様々な物語のある道を辿って行くと、「文化共感 水晶」が現れる。 文化共感 水晶の元々の名前は「貞蘭閣」だ。日帝強占期の1943年に建てられた日本式家屋で、独特な魅力があるため数々の映画やプロモーションビデオの撮影が行われた。IUの『夜の手紙』とAKMUの『思春期』のミュージックビデオ、映画『悪いやつら』、『将軍の息子』などのロケ地となった。
釜山市 > 東区

釜山市民公園

クリック数20075   レビュー数0   좋아요0
軍隊の駐屯地と公園と聞くと、正反対のイメージを思い浮かべるはず。ところが、釜山市民公園は、駐屯地が公園に生まれ変わった所だ。光復後、70年間にわたって米軍基地のキャンプ・ハイアリアとして使われていた土地が、釜山市民の憩いの場である「釜山市民公園」に生まれ変わったのだ。
釜山市 > 釜山鎮区

三楽エコパーク

クリック数19858   レビュー数0   좋아요0
悠々と流れる洛東江沿いの三楽洞の川辺に広がる「三楽エコパーク」。広さ472万2000㎡の公園は、季節ごとにそれぞれ違った魅力があって人気だ。特に、釜山の緑豊かな森がある「三楽エコパーク」では、湿地をはじめ様々な植物の生態を観察できる。桜の群落、オギの群落、野花の花畑など、自然の生態系を構成する一つひとつの要素を観て楽しむことができ、生態系を守って育てていく方法についても自然に学ぶことができる。
釜山市 > 沙上区

富平カントン市場

クリック数19838   レビュー数1   좋아요0
通りの入口から漂ってくるおいしそうな匂いに誘われて、ついつい足が向く。夜になると、おいしそうな匂いはますます濃厚になる。ここは、富平カントン市場だ。 国際市場のお隣、富平カントン市場。 南浦洞一帯を街歩きしていると、国際市場と富平カントン市場を行き来することになる。違いを挙げれば、国際市場は「万物市場」という感じで、富平カントン市場は「グルメ市場」という感じがする。
釜山市 > 中区

アホプ(九)山森

クリック数19798   レビュー数1   좋아요0
日帝強占期、解放、そして戦争と工業化の時代を経ても一般開放されず、自然そのままの姿が残されていた森。 400年間世間に公開されることのなかったここは、釜山・機張郡に位置するアホプ山森だ。 「アホプ(九)山森」の名は、九つの谷があることに由来する。
釜山市 > 機張郡

青沙浦・尾浦

クリック数19793   レビュー数0   좋아요0
釜山市内にいながらにして、遠く離れた海辺の村にいるような気分が味わえる「青沙浦」と「尾浦」。その素朴な風景に浸ってみよう。 青沙浦の「青沙」は、文字通り「青い砂」を意味する 。名前を聞いただけでワクワクし、爽やかな気持ちになってくる。都市鉄道「萇山駅」を出たら、丘を越えて道なりに歩き続けると青沙浦入口の交差点に出る。その向こうに、小さな漁村「青沙浦」が見えてくる。丘を登ると姿を現す青沙浦の美しい景色に、思わず目を奪われてしまう。
釜山市 > 海雲台区

釜山映画体験博物館・トリックアイミュージアム釜山

クリック数19782   レビュー数0   좋아요0
映画の街、釜山に「BOM」がやって来た。 「BOM」は「Busan museum Of Movies」の略で、映画のすべてを見て、感じて、楽しむことのできる映画専門体験館だ。 毎年釜山国際映画祭が開催され、映画のロケ地としても最適な条件を備えている都市・釜山に、映画制作にまつわる様々な体験コンテンツが楽しめる空間が登場した。
釜山市 > 中区

1 2 3 4 5 Next 最後のページ

방문자 통계