본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

東莱鶴の舞

音楽と歌、そして鶴の舞で一つになる

東莱鶴の舞
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 6,560
  • レビュー 0
  • 東莱鶴の舞1
釜山には、東莱という地域の名前が入る3つの有名なものがある。東莱温泉、東莱式ねぎのチヂミ、東莱鶴の舞だ。かつてから東莱温泉があったため、休養に来た人々が集まって楽しむ遊び文化が発達し、東莱の人々は自然に遊びや歌、踊りを楽しむようになった。
  • 東莱鶴の舞1
東莱の代表的なお祭りに、正月テボルムの前後に行われた「東莱三本綱引き」がある。3日間続く綱引きが終わると、舞いが披露された。大きな行事の後に行われる宴会のようなものだったはずだ。まるで競い合うように様々な踊りが行われたそうだ。ある有名な踊り手が、当時両班の外着だった白い道袍に黒い冠をかぶって伝統舞踊「トッペギチュム」を踊った。それがまるで、鶴が踊るようだったといううわさが広まったそうだ。
  • 東莱鶴の舞1
そんな由来からも分かるように、東莱鶴の舞は単に鶴の姿を描写する踊りではなく、東莱の「閑良舞」を発展させて踊り自体のイメージで鶴を象徴的に表現した踊りなのだ。元々東莱には鶴がたくさん生息していたので、鶴の動きをよく知っていた東莱の人々は、ケンガリ、チャング、チン、太鼓の音に合わせ、白い道袍と黒い冠をまとって鶴のイメージを表現した。こうして、「東莱鶴の舞」が生まれた。
  • 東莱鶴の舞1
  • 東莱鶴の舞2
  • 東莱鶴の舞3
  • 東莱鶴の舞4
鶴の頭にみえる黒い冠と鶴の胴体のような道袍をまとって、鶴の羽のように膝まで垂れた裾を揺らしながら、軽快に舞台に登場する踊り手たち。楽しい農楽の拍子と歌い手の鶴の鳴き声のような声が、観客を幻想的な東莱鶴の舞の世界へと導く。東莱鶴の舞は、基本的な形式と体系を持っているが、即興的な踊りや踊り手のセンスを自由に表現できる魅力がある。そんな特徴がある東莱鶴の舞は、独舞、双舞、群舞といった人数の決まりや時間の決まりもない。
  • 東莱鶴の舞1
  • 東莱鶴の舞2
  • 東莱鶴の舞3
東莱鶴の舞は、今も伝承され続けている。釜山の様々なイベントで東莱鶴の舞の公演が行われ、無料体験や簡単な教育コースも開かれている。また、東莱鶴の舞を正式に学べる教育講座もあり、東莱鶴の舞に魅了されて同好会を作った人もいる。伝統舞踊と言うと難しそうなイメージだが、踊り手の即興性が重要だとされているため、趣味として学ぼうとする人がどんどん増えており、大衆的な踊りに発展している。
東莱鶴の舞は踊りだが、農楽による音楽と歌い手の歌が一つになって完成する芸術だ。音楽と歌、鶴の舞の三位一体が演出する世界。東莱鶴の舞を満喫してみよう。

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 住所

    釜山広域市金井区長箭路(チャンジョンロ)33-6(梨花風流院)
  • 電話番号

    +82-51-583-0053(梨花風流院)
  • 休業日

    お電話でお問い合わせください
  • 営業曜日及び時間

    お電話でお問い合わせください
  • 利用料金

    お電話でお問い合わせください
  • 交通情報

    都市鉄道:1号線釜山大駅1番出口から徒歩9分
    バス:8、100、100-1、110、110-1、111-1、131、144番で釜山大学後門下車
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계