본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

焼きサバ通り

おいしい焼きサバを求めて路地の奥まで探検しよう

焼きサバ通り
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 3,455
  • レビュー 0
サバは釜山広域市を代表する魚で、釜山・西区を代表する魚でもあり、韓国の人々に愛されている魚だ。
そこで、釜山に来たら釜山の郷土の味、焼きサバは外せない。
  • 焼きサバ通り1
  • 焼きサバ通り2
2017年、釜山広域市西区庁の支援により、忠武洞小路市場の中に「焼きサバ(コガルビ)通り」ができた。幼い頃の思い出の味を求める人々はもちろん、家族や友達同士で一杯飲みたい会社員や学生にも人気を集めている。
焼きサバ通りは、釜山共同魚市場の近くにある。韓国国内の流通量の80%以上を占めるサバが釜山共同魚市場で取引されていることを考えれば焼きサバ通りにあるお店はいつも新鮮なサバを出しているという事になる。
  • 焼きサバ通り1
  • 焼きサバ通り2
  • 焼きサバ通り3
忠武洞小路市場のゲートをくぐると、かわいいキャラクター「コドゥンオ」が描かれた看板が見えてくる。洗練されたデザインの看板に描かれたキャラクターが面白い。サバの焼き場はどこもお店の外にある。お店の中ににおいがこもらず、香ばしい焼きサバの香りが道行く人々の足を引き留める。
  • 焼きサバ通り1
  • 焼きサバ通り2
サバを焼く際、豚カルビのようにジュージューといい音がして湯気が立つことから、「サバ(コドゥンオ)」と「カルビ」を掛け合わせて「コガルビ」と呼ばれるようになった。調理法は意外にシンプルだ。捌いたサバの表面に塩を振り、塩がなじんだら熱した焼き網にのせて黄金色になるまで焼くだけ。パリッと焼き上がったサバは、長ネギを入れた特製の薬味ダレに付けて食べると絶品だ。
  • 焼きサバ通り1
  • 焼きサバ通り2
サバを焼くときに水気がほどよく蒸発するのでプリッと身が締まっている。焼き上がったサバは黄金色をしている。皮はパリッと、身は引き締まってる。箸でサバの身を豪快につまみ、長ネギ入りの薬味ダレにつけて口に入れれば、海の香りと新鮮なサバのうまみと深みのあるタレの香りがフワッと広がる。
白いご飯にも焼酎にも焼きサバはよく合う。ほかほかご飯に塩気の利いたサバをのせて口に入れれば粘り気のあるご飯とパリッとしたサバの食感が合わさって、幸せな気分になれる。
初夏になると焼きサバ通りにはお店の前にもテーブルと椅子が並べられる。夕暮れ時になると会社員や学生たちがテーブルに座り香ばしい焼きサバを囲んで焼酎のグラスを傾ける。そよ風を感じながら友達同士で語り合い、時がたつのも忘れてしまう。これこそ日常の中の小さな幸せだろう。
  • 焼きサバ通り1
焼きサバ通りの他に、釜山には老舗の焼きサバのお店が2軒ある。「コガルビ・ハルメジプ」と「元祖ナムマダム・コガルビ」だ。忠武洞焼きサバ通りから歩いて15分ほど離れた所にある。どちらのお店も、朝鮮戦争を前後に商売を始めたそうだ。時代とともにさまざまな歴史を持つ2軒のお店は老舗としてどちらも昔の店構えをそのまま守っている。お店に足を踏み入れるとまるでタイムスリップしたようだ。
  • 焼きサバ通り1
サバには他の海の幸に比べて豊富な栄養素が含まれており、子どもや高齢者の方にもおすすめだ。ちなみに、サバは高たんぱく食品だが、脂肪分は少ない魚種である。そのため、サバを食べる時はダイエットを気にしなくてもいい。また、サバを摂取すると記憶力の向上や胃の機能を高めるのにも効果がある。釜山では手軽なお値段でおいしくて健康に良いグルメを楽しめることが出来る。ぜひ一度味わってほしい。

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계