본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

加徳島

知られていない釜山の歴史を探る

加徳島
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 13,958
  • レビュー 0
  • 加徳島1
絵の中の風景のように眩しく青い海。天恵の自然景観。しかし、今でも癒えない戦争の記憶。
ここは、加徳島だ。

洛東江が長い旅を終えて南海に流れ込む河口。美しい砂の島の向こうに沈む夕日。そして、その上を横切る巨加大橋の素敵な景色がある島。
「知っている分だけ見える」という言葉がある。豊かな自然に隠された、加徳島の悲しい歴史を振り返る時間。今日は、その歴史をたどってみよう。
  • 加徳島1
  • 加徳島2
  • 加徳島3
釜山から加徳島に渡ると、最初に目に飛び込んでくるのが碇巨壁画村だ。かつては船の錨を下ろす場所だったことから「錨通り」と呼ばれていたが、地名表記を漢字に変える過程で「碇巨村」となった。村には、狭い路地が縦横に伸びている。かくれんぼをする子どもたちが飛び出してきそうな路地の壁には、意外にもユニークで綺麗な壁画がたくさん描かれている。余裕を持ってゆっくり歩けば、碇巨村の本当の魅力を見つけられるはず。
  • 加徳島1
  • 加徳島2
  • 加徳島3
  • 加徳島4
碇巨村を出たら、外楊浦の方向に進もう。加徳島が歩んできた厳しい歳月と直面する時間だ。日露戦争の真っ只中にあった1900年代初頭、加徳島に旧日本軍の司令部が駐屯し、村人たちは暮らしの場を失って追い出されてしまった。住民たちを追い出すと旧日本軍は砲陣地を構え、その前に堤防を築いて完璧なまでの要塞とし、大陸への進出を図った。砲を撃つための発射台、兵舎、弾薬庫などが残っており、当時の激しい戦闘を象徴する銃弾の跡も多数見られる。
  • 加徳島1
  • 加徳島2
外楊浦から南端の海岸に続く加徳島の最南端には、加徳島灯台がある。加徳島灯台は、大韓帝国時代に建てられた長い歴史を持つ灯台で、100周年灯台記念館があり、体験プログラムも行われている。今は、2002年に新しく建てられた八角灯台と並んで海を見つめる。ただ、今も軍事施設保護区域内にあるため一般の立ち入りは制限されており、海軍司令部の許可がないと出入りできない。
  • 加徳島1
  • 加徳島2
大項洞セバジ村に向かうと、日帝強占期のもう一つの遺跡である人工洞窟が現れる。太平洋戦争の当時、加徳島を占領した旧日本軍が、連合軍の攻撃を阻止するために建てた要塞跡だ。全国から強制動員された朝鮮人たちが、労働搾取と人権蹂躙に耐えながら築いた人工洞窟である。劣勢になった旧日本軍が、最後の抵抗として釜山と周辺の海岸に防御基地を築いたもので、ここ大項村には今も10以上の洞窟が残っている。現在は洞窟内部に照明が設置されており、反対側のモンドル海辺まで歩いて通り抜けられる。
このように、文化と歴史、自然が共存する加徳島で、釜山のもう一つの姿を見つけてみよう。

お役立ち情報

加徳島灯台の観覧は、事前に区庁の承認を得る必要があります。

エチケット

住民が暮らしているので、迷惑にならないようご注意ください。
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 住所

    釜山広域市江西区加徳海岸路(カドクへアンロ)21
  • 電話番号

    +82-51-970-4062(江西区庁文化体育科)
  • 休業日

    年中無休
  • 営業曜日及び時間

    常時
  • 利用料金

    無料
  • 交通情報

    都市鉄道:1号線下端駅下車→520番バスに乗り換え→東中村バス停下車
  • 備考

    一部区間で車いす利用可能
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계