マンミダンキル・アートギャラリーツアー

文化と芸術を堪能するのに最適の街

マンミダンキル・アートギャラリーツアー
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 614
  • レビュー 0
古い住宅を改造した個性豊かなショップが多く、見慣れたような、でも初めて見るような不思議な雰囲気が漂うマンミダンキル。全国に新しく誕生している「〇〇ニダンキル」という名称の通りと並び、マンミダンキルにもおしゃれな雰囲気のカフェやパブ、レストランが密集している。だけど、マンミダンキルには他の「○○ニダンキル」とは決定的に違うところがある。小さなギャラリーが散発的に建ちはじめ、今では新しい文化・芸術の通りとなったのだ!小粋なマンミダンキルにある個性豊かなギャラリーを回り、文化の薫り漂う時間を過ごしてみよう。
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー1
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー2

ウォーキングハウス・ニューヨーク

まるでニューヨーク・ソーホー(SoHo)のような、異国情緒漂う赤レンガの建物が目を引く。「歩く家」という意味の「ウォーキングハウス・ニューヨーク」は、自由な暮らしを求めてカルチャーやアートに詳しいアーティストたちが「文化・芸術事業を企画する会社」だ。そのためだろう。好奇心を刺激する演出が際立つここでは、国境を越えた多様な文化に接することができる。
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー1
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー2
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー3
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー4
オリーブグリーンの色で配色されたこの空間は、「ウォーキングハウス・ニューヨーク」のシグネチャーともいえる「ドリームトラベラーの放浪者幻想曲」だ!壁に飾られた珍しいポスター、ぎっしりと本棚を飾る本、ところ狭しと並ぶマグネットなどは、アートツーリズムを専門とする旅行会社「ドリーム遠征隊」の代表取締役イ・サンフンさんの個人コレクションだ。人々の生きた証が感じられる場所で、新しい旅を計画してみるのも良い思い出になるのではないだろうか。
*展示期間2021年11月9日~2022年1月28日


  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー1
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー2

オブジェクトフッド

「ウォーキングハウス・ニューヨーク」から出て、水営江の川沿いを歩くと、ひっそりと落ち着いた庭が見えるヨーロッパの邸宅のような建物にたどり着く。アートギャラリー「オブジェクトフッド」は、昼下がりに一面の窓ガラスから入ってくる日差しと周りの景色に溶け込んでいる「オブジェ」が優しい雰囲気に包まれ、温かさを感じさせる。オブジェクトフッドでは、国内外の若手アーティストの作品が展示されており、ギャラリーの中にある編集ショップでは作品を直接購入することもできる。
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー1
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー2
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー3
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー4
現在、オブジェクトフッドでは企画展「ものの温度」が開催されている。朝鮮時代の白磁・満月壺の「タルハンアリ」をモチーフにしてモダンに再解釈した「白磁多角タルハンアリ」など、工芸家、アーティスト、デザイナーが、それぞれの温度で作り上げたものが展示されている。美しいものが伝える癒し、そして心温まる場所をお探しなら、オブジェクトフッドがおすすめだ。
*展示期間 2021年11月11日~12月30日


  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー1
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー2

国際ギャラリー

オブジェクトフッドからすぐのところに、世界的なモダンアーティストの作品が鑑賞できる国際ギャラリーがある。国際ギャラリーは、旧・高麗製鋼水営工場を改造してつくられた複合施設「F1963」の中にある。釜山の建築名所に数えられる「F1963」!設備ラインがあった巨大な工場を改修しているため、目を遮るものがなく、広々とした空間で作品を鑑賞することができる。
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー1
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー2
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー3
  • マンミダンキル・アートギャラリーツアー4
現在、F1963国際ギャラリーでは、映画界の巨匠、パク・チャヌク監督による初の写真展「君の表情」が開かれている。パク・チャヌク監督ならではの個性的な視点で捉えられた写真は、奇妙で怪しい雰囲気をまとい、見過ごしやすい日常の風景を異化させ、新しい視点で見直すように観客を促す。
*展示期間2021年10月1日~12月19日

アートは難しい、そう思って敬遠する人も多いが、アートを身近に感じ、生活の一部として受け入れられるマンミダンキルのギャラリーツアー。この冬、様々なアート作品に接することで、暮らしと日常を新しい視線で捉え直し、心の風通しを試みるのも良いかも知れない。

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 住所

    ウォーキングハウス・ニューヨーク 釜山広域市水営区左水営路125ボンギル14-3オリーブセンター1、2階
    オブジェクトフッド・ギャラリー 釜山広域市水営区左水営路135PDMパートナーズ1階
    国際ギャラリー 釜山広域市水営区鴎楽路123ボンギル20
  • 電話番号

    ウォーキングハウス・ニューヨーク +82-51-759-8186
    オブジェクトフッド・ギャラリー +82-70-4647-3507
    国際ギャラリー +82-51-758-2239
  • 休業日

    ウォーキングハウス・ニューヨーク 毎週日、月曜日
    オブジェクトフッド・ギャラリー 毎週火曜日
    国際ギャラリー 毎週月曜日
  • 営業曜日及び時間

    ウォーキングハウス・ニューヨーク 火~金10:00~19:00/土10:00~18:00
    オブジェクトフッド・ギャラリー 13:00 - 19:00
    国際ギャラリー 10:00~18:00
  • 利用料金

    ウォーキングハウス・ニューヨーク 無料
    オブジェクトフッド・ギャラリー 入場料2,000ウォン(青少年、65歳以上は無料)
    国際ギャラリー 無料
  • 交通情報

    ウォーキングハウス・ニューヨーク
    都市鉄道2号線・水営駅5番出口→水営交差点‧水営駅バス停にて乗り換え。54→望美2洞バス停にて下車。徒歩2分。
    駐車:ウォーキングハウス・ニューヨーク駐車場

    オブジェクトフッド・ギャラリー
    都市鉄道2号線・水営駅5番出口→水営交差点‧水営駅バス停にて乗り換え。54→望美2洞バス停にて下車。徒歩2分。
    駐車:PDMパートナーズ駐車場

    国際ギャラリー
    都市鉄道2号線・水営駅5番出口→水営交差点‧水営駅バス停にて乗り換え。54→高麗製鋼バス停にて下車。徒歩4分。
    駐車:F1963駐車場
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계