본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

名所

全体113

宝水洞本屋通り

クリック数12731   レビュー数0   いいね9
時間を遡る道。 心にそっとしおりを挟む、宝水洞本屋通り。
釜山市 > 中区

釜山近代歴史館

クリック数14777   レビュー数0   いいね3
韓国の悲しい歴史である日帝強占期。日本の大陸侵略の足掛かりとなった釜山には、今もその痛みの痕跡がそのまま残っている。釜山近代歴史館は、波乱万丈の近代期の釜山の歴史を保存し、厳しかった時代の記憶を守り続けている。
釜山市 > 中区

三楽エコパーク

クリック数14024   レビュー数0   いいね9
悠々と流れる洛東江沿いの三楽洞の川辺に広がる「三楽エコパーク」。広さ472万2000㎡の公園は、季節ごとにそれぞれ違った魅力があって人気だ。特に、釜山の緑豊かな森がある「三楽エコパーク」では、湿地をはじめ様々な植物の生態を観察できる。桜の群落、オギの群落、野花の花畑など、自然の生態系を構成する一つひとつの要素を観て楽しむことができ、生態系を守って育てていく方法についても自然に学ぶことができる。
釜山市 > 沙上区

梵魚寺

クリック数14455   レビュー数1   いいね6
釜山市金井区にある梵魚寺は、海印寺、通度寺とともに嶺南三大寺院に名を連ねている。 新羅の文武王の時代に建立され、歴史的にも多くの高僧を輩出した修行寺院として有名。特に、美しい渓谷と自然で有名な金井山の麓にあり、一年を通じて多くの人々が足を運ぶ。
釜山市 > 金井区

長林浦口

クリック数15895   レビュー数0   いいね9
海雲台、広安里などがある東釜山に比べて注目されてこなかった西釜山が、最近では人気を集めている。「ブネチアグラム」などのSNSで知られるようになった長林浦口は、「釜山のベネチア」という意味から「ブネチア」と呼ばれ、沢山の人々が訪れるフォトスポットだ。
釜山市 > 沙下区

民楽水辺公園

クリック数14831   レビュー数0   いいね4
海から吹いてくる潮風を一番早く感じられる場所。 マリンシティと広安大橋の夜景を一番近くから眺められる場所。 夏になるとみんなが集まる憩いの場、民楽水辺公園。 1997年に開園した民楽水辺公園は、マリンシティと広安大橋ができる前から釜山市民の憩いの場として人気の公園だった。青い空と果てしない海が広がる風景は、周辺の環境が目まぐるしく変わる中でも、その場をしっかりと守ってきた。
釜山市 > 水営区

レッツランパーク釜山慶南

クリック数12256   レビュー数0   いいね1
数々のテーマパークがある中で、「馬のテーマパーク」ならここ。入口でダイナミックな馬の銅像が迎えてくれる公園、レッツランパーク釜山慶南だ。
釜山市 > 江西区

金井山

クリック数14068   レビュー数1   いいね6
ソウルに北漢山があるなら、釜山には金井山がある。 金井山は、釜山市金井区と北区、そして慶尚南道梁山市の広い地域にまたがっている。そのため、釜山の都心はもちろん、郊外からのアクセスも良い。あまりにも広いので、入口と全く別の場所が出口になっている登山コースも多い。韓国で最も長い山城である金井山城と、嶺南地方の三大寺院とされる梵魚寺がある金井山に行ってみよう。
釜山市 > 金井区

旧百済病院

クリック数11866   レビュー数0   いいね2
釜山旧都心のイバグ道が始まるところに立っている赤いレンガの建物は、釜山初の近代式総合病院であった「旧百済病院」。1922年に開院し、当時は最高レベルの病院として有名になったが、1932年の廃院以来、中華料理店、日本軍将校の宿舎、釜山治安司令部などを経て、平坦ではなかった釜山の歴史とともにあり続けてきた。 現在、旧百済病院の内外部の構造や跡がそのまま残るカフェが1階にあり、ほのかに漂うコーヒーの香りと、1920年代の空間を共に楽しめる。
釜山市 > 東区

文化共感 水晶・草梁1941

クリック数14330   レビュー数0   いいね9
東区は、釜山の近現代史にまつわる物語がいたるところに残る場所。様々な物語のある道を辿って行くと、「文化共感 水晶」が現れる。 文化共感 水晶の元々の名前は「貞蘭閣」だ。日帝強占期の1943年に建てられた日本式家屋で、独特な魅力があるため数々の映画やプロモーションビデオの撮影が行われた。IUの『夜の手紙』とAKMUの『思春期』のミュージックビデオ、映画『悪いやつら』、『将軍の息子』などのロケ地となった。
釜山市 > 東区

加徳島

クリック数12902   レビュー数0   いいね6
絵の中の風景のように眩しく青い海。天恵の自然景観。しかし、今でも癒えない戦争の記憶。 ここは、加徳島だ。 洛東江が長い旅を終えて南海に流れ込む河口。美しい砂の島の向こうに沈む夕日。そして、その上を横切る巨加大橋の素敵な景色がある島。 「知っている分だけ見える」という言葉がある。豊かな自然に隠された、加徳島の悲しい歴史を振り返る時間。今日は、その歴史をたどってみよう。
釜山市 > 江西区

加徳島煙台峰

クリック数13224   レビュー数0   いいね3
加徳(カドク)島という名前は、かつて蔓人参(トドク)が多く自生していたことに由来し、釜山市に属する島の中では最も大きな島だが、西の端に位置しているためあまり知られていない場所でもあった。しかし、加徳島には新石器時代から人が暮らしていたと推定されており、歴史的には壬辰倭乱や日帝強占期など、日本とは長い悪縁で結ばれた島でもある。煙台峰は、島の最も高いところにあり、加徳島の歴史を今に伝えている。
釜山市 > 江西区

臨時首都記念館

クリック数13866   レビュー数0   いいね2
1950年6月25日。民族最大の悲劇である韓国戦争が起きた直後、大統領府をはじめとする政府機関が釜山に移転し、釜山は臨時首都となった。この時、慶尚南道知事官舎が大統領官邸として使用された。これが、現在まで釜山の歴史を留める記念物として保存されている。
釜山市 > 西区

東亜大学石堂博物館

クリック数10971   レビュー数0   いいね1
登録文化財第41号、釜山臨時首都政府庁舎、韓国三大大学博物館の一つ。 どれも、東亜大学石堂博物館のことを指している。 臨時政府庁舎と釜山地方検察庁として使用された建物を東亜大学が買い取り、現在の石堂博物館を開館した。近代文化遺産としての歴史的な価値を認められ、2002年に登録文化財第41号に指定された。
釜山市 > 西区

国立釜山科学館

クリック数10203   レビュー数0   いいね3
114万人。国立釜山科学館の誘致運動に署名した釜山市民の数だ。釜山市全体の人口が350万人だから、どれだけ多くの釜山市民が科学館の建設を望んでいたのかがわかる。このように大きな関心と応援の中で建てられた国立釜山科学館は、未来の科学者を乗せて航海する船の形をしている。
釜山市 > 機張郡

カンカンイ芸術村

クリック数12119   レビュー数1   いいね1
影島橋を渡った先、チャガルチ市場の向かいの岸壁には、たくさんの船が停泊している。「世の中に直せない船はない」と言われた伝説的な修理・造船のメッカ、カンカンイ芸術村がある場所だ。「カンカンイ」とは、修理・造船所で船の表面のさびだらけの塗料や貝殻を金槌で叩いて剥がす「カンカン」という音に由来する。毎日、町 全体に「カンカン」という音が鳴り響いていた時代から、大平洞一帯は「カンカンイ芸術村」と呼ばれるようになった。 そのような由来から、そこで働いていたのは職人の男たちだったというイメージがあるが、実はそうでもない。一本のロープに命を託し、長年にわたって厳しい作業を繰り返してきたのは、大平洞のおばさんたちだった。子どもたちの世代には豊かな暮らしをさせてやりたいという一念で、難聴と耳鳴りに耐えながら黙々と造船所を守ってきた「鉄の女」たちだ。
釜山市 > 影島区
방문자 통계