본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

名所

全体113

賢い釜山図書館生活

クリック数6925   レビュー数0   いいね1
** 本コンテンツは、新型コロナウイルス感染症の感染防止ガイドラインを守って撮影されました。 存在自体だけでも行きたい理由になる釜山図書館が、11月に開館しました。開館を待ちわびてきた市民たちの日常にも、幸せな変化が訪れました。「賢い釜山図書館生活」のための、みんなの開かれた書斎。では、本格的に見ていきましょう。
釜山市 > 沙上区

機張達陰山自然休養林

クリック数5127   レビュー数0   いいね2
** 本コンテンツは、新型コロナウイルス感染症の感染防止ガイドラインを守って撮影されました。 新型コロナウイルスと共存する時代、旅行も非対面型・非接触型がトレンドです。大自然に抱かれて日常の大切さを感じながらからだとこころを引き締める旅、何も考えずに徹底して休む旅に出かけてみませんか?目的地は、機張・達陰山自然休養林です。
釜山市 > 機張郡

ターン・トゥワード釜山(Turn Toward Busan)

クリック数5590   レビュー数0   いいね22
毎年11月11日11時になると、釜山では1分間サイレンが鳴り響きます。朝鮮戦争に参戦した国連軍戦死者の犠牲と献身を覚えるための、『ターン・トゥワード釜山(Turn Toward Busan)国連参戦勇士国際追悼式』が開催されるからです。
釜山市 > 南区

大仏が目を引く弘法寺

クリック数2531   レビュー数0   いいね0
釜山に韓国最大の大仏があることをご存知ですか?遠くからも見える存在感のある大仏は、弘法寺というお寺にあります。境内に一歩足を踏み入れると公園のように管理の行き届いた綺麗な芝生の庭園になっていて、まるでお寺ではないような独特な構造になっているのが、弘法寺の特徴のひとつです。
釜山市 > 金井区

墓地の上の希望、「峨嵋洞碑石文化村」

クリック数9386   レビュー数0   いいね12
釜山は山がちで平野が少ない。日本植民地時代、旧都心の住みやすい平地と埋立地は日本人居住区として開発され、埠頭の労働者や職を求めてやって来た人々は、傾斜のある山に沿ってバラックを建てて定住するようになった。その後、朝鮮戦争によって押し寄せてきた避難民たちは、山のさらに高い所にまで住むようになった。釜山の西区、中区、東区、釜山鎮区を横切る道路「望洋路」は、「山腹道路」とも呼ばれている。狭い迷路のような路地、先の見えない急な階段、びっしりと建ち並ぶ建物。曲がりくねった坂道の続く道路。そんな姿のように、山腹道路には釜山の近現代史と庶民たちの喜怒哀楽の面影が残っている。
釜山市 > 西区

釜山の癒しスポット、釜山癒しの森

クリック数1462   レビュー数0   いいね0
釜山といえば海のイメージが強いですが、機張郡に緑豊かな散策コースがあるのはご存知ですか?今日は、何度も足を運びたくなる「釜山癒しの森」について、詳しくご紹介していきたいと思います。
釜山市 > 機張郡

釜山の昔の面影を辿って、牛岩洞ソマク村

クリック数11145   レビュー数0   いいね11
その昔、夜遅く釜山港に入港した外国の船員たちは、山の高い所まで星のように輝く美しい夜景に感嘆したそうだ。そして翌日、その美しい灯りが避難民によって建てられた掘っ立て小屋やバラックだったことに、もう一度驚いたという。 その家々は、歳月が流れて今の釜山の姿となった。釜山と言えば誰もが美しい海岸を思い浮かべるが、日本植民地時代には収奪のための港となり、その後は避難民の疎開先となった、近現代史の負の遺産が残る街が釜山でもある。 華やかさの裏に隠れた歴史の面影を辿ってみれば、釜山をもっと知ることができ、意味のある旅になるかもしれない。
釜山市 > 南区

松島竜宮吊橋を歩こう

クリック数2462   レビュー数0   いいね0
今回ご紹介するのは、松島竜宮吊橋です。松島を360°見渡すことができる、釜山の新しい名所です。松島竜宮「吊橋(クルムタリ、韓国語で『雲の橋』)」は、その名前の通り、雲の上を歩いているような気分にさせてくれます。
釜山市 > 西区

青沙浦猫の村

クリック数3881   レビュー数1   いいね0
釜山・海雲台から松亭まで続く海岸線に沿って歩くと、尾浦・青沙浦・九徳浦の3つの入り江がある。タルマジ(月見)の丘にある林の中の小道を抜け、海松橋を渡って南に下ると青沙浦にたどり着く。 青沙浦は、防波堤の上にそびえる双子の灯台とユニークな海上スカイウォークがあることで有名で、国内外の観光客にも人気のスポット。特に最近では、青沙浦の町を我が物顔で歩く野良猫たちが、この小さな漁村の町おこしに一役買っている。今、「青沙浦猫の村」は新しい人気の検索ワードだ。 青沙浦猫の村は、台湾・猴硐(ホウトン)猫村のようにたくさんの野良猫たちに出会えるスポットというわけではない。この町の猫たちは昔から漁船が戻ってくる時間に合わせて動き出すので、漁船が頻繁に出入りしなくなった最近ではめっぽう警戒心が強くなっている。餌付け場所を中心にのそのそと歩き回り、餌が出される頃や餌を食べた後に毛繕いをしながら過ごす時間になると姿を現すのだ。
釜山市 > 海雲台区

海雲台

クリック数31523   レビュー数1   いいね139
釜山と言えば、やっぱり海!その中でも、釜山の海の定番と言えば海雲台海水浴場だ。夏はもちろん、一年中、釜山を訪れる観光客なら一度は立ち寄るスポットだ。海雲台海水浴場は、どこよりもダイナミックな釜山の雰囲気が感じられる観光スポットとなっている。
釜山市 > 海雲台区

釜山映画体験博物館・トリックアイミュージアム釜山

クリック数13414   レビュー数0   いいね7
映画の街、釜山に「BOM」がやって来た。 「BOM」は「Busan museum Of Movies」の略で、映画のすべてを見て、感じて、楽しむことのできる映画専門体験館だ。 毎年釜山国際映画祭が開催され、映画のロケ地としても最適な条件を備えている都市・釜山に、映画制作にまつわる様々な体験コンテンツが楽しめる空間が登場した。
釜山市 > 中区

広安里海水浴場

クリック数26659   レビュー数3   いいね130
広安大橋というランドマークと一緒に、釜山を代表する海水浴場の一つである広安里。都心から最も近いビーチで、釜山の若者たちの聖地とも言える場所だ。 全国から集まる人々の味覚を満足させる多彩なグルメの饗宴、海の見えるカフェ、路地裏に点在するユニークな空間、春になると街をピンク色に染める南川洞桜通りなどなど。真っ白な砂浜と青い海はもちろん、広安里には無限の魅力が隠れている。
釜山市 > 水営区

甘川文化村

クリック数21680   レビュー数1   いいね91
空に届きそうな色とりどりの屋根。 村全体にあふれる温かい雰囲気。 韓国のマチュピチュ、甘川文化村。
釜山市 > 沙下区

40階段

クリック数12407   レビュー数0   いいね3
故郷を離れ、40階段に腰かけて泣いていた異邦人たちは、その後どうなったのだろう。 故郷に戻れる日だけを待っていた避難民たちの暮らしの場。その人生の哀歓を感じながら40階段を歩いてみよう。 釜山都市鉄道1号線の中央駅からそれほど遠くないところに、40階段はある。韓国戦争の際、旧釜山駅舎が近くにあったため、全国から集まった避難民たちの生活の中心は、自然と40階段一帯になった。40階段は釜山港の埠頭と高台の貧民街をつなぐ役割をしていたが、戦争中に生き別れとなった家族が再会する場所であり、救援物資が売買される市場でもあった。「釜山に着いたら、40階段で会おう」という言葉だけを信じて、階段の近くで何か月も待っていた人もいるほどだった。厳しい避難生活の哀歓が染み込んだ場所であり、当時ほとんどが釜山駅周辺に住んでいた避難民たちの暮らしの現場でもあった。
釜山市 > 中区

ヒンヨウル文化村

クリック数21447   レビュー数0   いいね52
絶影海岸散策路の急な崖の上に、一風変わった村が見える。海岸の崖の端に、海沿いの狭い路地を中心に小さな家々が密集している。ここは、かつて避難民たちが厳しい暮らしを始めた場所で、現在は村の住民と共生する文化コミュニティとなっている「ヒンヨウル文化村」だ。
釜山市 > 影島区

多大浦海水浴場

クリック数15366   レビュー数0   いいね24
洛東江の流れと南海岸が出会い、良質の砂浜が形成された場所。釜山で一番の日の出と日の入りが観られるビュースポット。多大浦海水浴場は、自然が演出する絶景を思いっきり楽しめるスポットだ。
釜山市 > 沙下区
방문자 통계