Top
  • 同伴者

    #家族

    #両親

    #子ども

    #カップル

    #友人

    #一人

  • 季節

    #

    #

    #

    #

    #四季

  • 旅行地

    #自然

    #歴史

    #文化

    #公園

    #ショッピング

    #体験

    #祭り

    #ウォーキング

    #異色旅行

  • 位置

    #

    #

    #都市

    #その他

全体397

田浦カフェ通り&チョンリダンキル

クリック数19,788   レビュー数0   좋아요0
2017年、ニューヨークタイムズの「2017年に必ず行くべき世界の名所52選」に選ばれ、ますます有名になった「田浦洞カフェ通り」。カフェ通りのお隣にある個性的なお店が立ち並ぶ「チョンリダンキル(田理団キル)」。「田浦洞カフェ通り」と「チョンリダンギル」では、田浦洞の通りに立ち並ぶカラフルな建物の中で、コーヒーやスイーツ、グルメを楽しむことができる。釜山最大の繁華街・西面の街を歩いていると、「ノリマル」という学校の建物と校庭が見えてくる。この「ノリマル」に辿り着いたら、その一角が「田浦洞カフェ通り」であることが分かるはず。

加徳島煙台峰

クリック数19,752   レビュー数0   좋아요0
加徳(カドク)島という名前は、かつて蔓人参(トドク)が多く自生していたことに由来し、釜山市に属する島の中では最も大きな島だが、西の端に位置しているためあまり知られていない場所でもあった。しかし、加徳島には新石器時代から人が暮らしていたと推定されており、歴史的には壬辰倭乱や日帝強占期など、日本とは長い悪縁で結ばれた島でもある。煙台峰は、島の最も高いところにあり、加徳島の歴史を今に伝えている。

国連記念公園、国連平和記念館

クリック数19,750   レビュー数0   좋아요0
「護国報勲の月」6月になると、たくさんの花がここに集まる。 それは、韓国戦争の戦没者を追悼する花で、戦争のない平和を願う想いが込められている。

宝水洞本屋通り

クリック数19,700   レビュー数0   좋아요0
時間を遡る道。 心にそっとしおりを挟む、宝水洞本屋通り。

ダイナミックな草梁

クリック数19,605   レビュー数0   좋아요0
釜山には、名所がとても多い。でも、悩まなくていい。まずは、釜山の関門である釜山駅から旅を始めてみよう。駅を出て道を渡ると、チャイナタウンとテキサス通りが目を引く。現代史を貫いた釜山の歴史が息づく草梁イバグキルは、すぐそこだ。曲がりくねった迷路のような道は貧民街を横切り、釜山の過去へと旅行者をいざなう。

峨嵋山展望台

クリック数19,583   レビュー数0   좋아요0
嶺南地方全域を流れる洛東江。その河口が南海に注いで海と混ざり合う所で、川に流されてきた砂が巨大な三角州を形成し、肥沃な土地ができた。豊富な餌ときれいな水があるため、数多くの渡り鳥がやって来る洛東江の下流。川と海が同時に演出する神秘的な雰囲気を味わいたいなら、峨嵋山展望台に行ってみよう。

岩南半島・松島海岸ボルレ道

クリック数19,546   レビュー数0   좋아요0
松林の隙間からのぞく南海の景色。 降り注ぐ日差し。 キラキラと光が反射する海に浮かぶ船。 旅人の心を癒す美しい場所。 ここは、岩南半島の南の外れにある岩南公園だ。

サンセットツアー

クリック数19,533   レビュー数0   좋아요0
海、山、川が調和をなしているのが釜山の最大の魅力。様々な自然環境があるだけに、サンセット、つまり釜山の日没も見る場所によって多彩な姿が楽しめる。

洛東江生態探訪船

クリック数19,512   レビュー数0   좋아요0
釜山には海、山、川が全てあり、観光資源がとても豊富だ。最近では「洛東江生態探訪船」が釜山の観光スポットとして新たに注目されている。

釜山の昔の面影を辿って、牛岩洞ソマク村

クリック数19,507   レビュー数0   좋아요0
その昔、夜遅く釜山港に入港した外国の船員たちは、山の高い所まで星のように輝く美しい夜景に感嘆したそうだ。そして翌日、その美しい灯りが避難民によって建てられた掘っ立て小屋やバラックだったことに、もう一度驚いたという。 その家々は、歳月が流れて今の釜山の姿となった。釜山と言えば誰もが美しい海岸を思い浮かべるが、日本植民地時代には収奪のための港となり、その後は避難民の疎開先となった、近現代史の負の遺産が残る街が釜山でもある。 華やかさの裏に隠れた歴史の面影を辿ってみれば、釜山をもっと知ることができ、意味のある旅になるかもしれない。

エターナルジャーニー

クリック数19,449   レビュー数0   좋아요0
最近では、「ホカンス(ホテル+バカンス)」という造語が登場するほど、ホテルやリゾートそのものが旅行の目的地になる場合も多い。そんなトレンドに合わせてオープンしたのが、ヒルトン釜山「エターナルジャーニー」だ。本は、リラックスするための効果的な手段だからだ。

東莱邑城

クリック数19,412   レビュー数0   좋아요0
「東莱」という地名には、長い歴史がある。朝鮮時代までは東莱の一部が釜山だったが、日帝強占期にその立場が変わってしまった。もし日帝強占期がなかったら、「東莱広域市釜山区」になっていたかもしれない。かつて釜山そのものだった東莱を取り囲んでいた東莱邑城に行ってみよう。

加徳島

クリック数19,405   レビュー数0   좋아요0
絵の中の風景のように眩しく青い海。天恵の自然景観。しかし、今でも癒えない戦争の記憶。 ここは、加徳島だ。 洛東江が長い旅を終えて南海に流れ込む河口。美しい砂の島の向こうに沈む夕日。そして、その上を横切る巨加大橋の素敵な景色がある島。 「知っている分だけ見える」という言葉がある。豊かな自然に隠された、加徳島の悲しい歴史を振り返る時間。今日は、その歴史をたどってみよう。

冬柏海岸散策路

クリック数19,375   レビュー数0   좋아요1
海雲台海水浴場の広々とした海を眺めながら歩いて行くと、砂浜の端に佇む冬柏島に出る。もともと島だったここは、長年にわたる堆積作用で今は陸地とつながっているが、釜山市民の間では今も「冬柏島」と呼ばれている。

カンカンイ芸術村

クリック数19,309   レビュー数1   좋아요0
影島橋を渡った先、チャガルチ市場の向かいの岸壁には、たくさんの船が停泊している。「世の中に直せない船はない」と言われた伝説的な修理・造船のメッカ、カンカンイ芸術村がある場所だ。「カンカンイ」とは、修理・造船所で船の表面のさびだらけの塗料や貝殻を金槌で叩いて剥がす「カンカン」という音に由来する。毎日、町 全体に「カンカン」という音が鳴り響いていた時代から、大平洞一帯は「カンカンイ芸術村」と呼ばれるようになった。 そのような由来から、そこで働いていたのは職人の男たちだったというイメージがあるが、実はそうでもない。一本のロープに命を託し、長年にわたって厳しい作業を繰り返してきたのは、大平洞のおばさんたちだった。子どもたちの世代には豊かな暮らしをさせてやりたいという一念で、難聴と耳鳴りに耐えながら黙々と造船所を守ってきた「鉄の女」たちだ。

海雲台の使用説明書

クリック数19,286   レビュー数0   좋아요0
誰かが、波を作り出すのが海の仕事だと言った。海の仕事を眺めているだけでも、これまでの悩みやストレスを吹き飛ばすことができる。冬の海は夏とは違って、余裕と静けさそのものである。夏の賑わいは、いつの間にか跡形もなく消えてしまった。海辺は、その夏がまるで嘘だったかのように静まり返っている。そんな時こそが、静かな海の魅力を満喫できる時間である。
방문자 통계