본문바로가기

全体メニューを開く

Top

1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ

1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 189
  • レビュー 0
  • 詳細情報
  • 利用案内
  • 旅行写真
  • レビュー
  • BLOG REVIEW
  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8725
  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8727
バスに乗ってふらりと旅に出たくなったら、釜山の多彩な海が感じられる「1006番バス」に乗って、釜山の旅に出かけよう。
たった1800ウォンで、思い出に残る旅ができるはずだ。

コース

海雲台 - 広安大橋 - 釜山港大橋 - ヒンヨウル文化村 - 75広場 - 太宗台

  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8729
  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8731

海雲台

釜山を代表する海。バスを降り亀南路文化広場に沿って歩くと、目の前に海雲台の海が果てしなく広がる。見ているだけでも涼しくなってくる海の風景に、これから暑くなることさえ忘れてしまう。
波の音を聴きながら海雲台ビーチを歩こう。忘れられない思い出ができるはず。
宝石のようにキラキラと輝く海雲台の海は、どの季節に訪れてもいい。


  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8733
  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8735

広安大橋

1006番バスは、1011番バスと共に釜山の市内バスの中でも広安大橋を渡る路線を走っている。バスに乗って渡る広安大橋からは、広安里のまた一味違った風景が見られる。海の上から眺める釜山の市街地の風景に、子どもの頃に戻ったように嬉しくなる。


  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8737

釜山港大橋

初めて見るとユニークに感じる釜山港大橋。とてつもなく巨大な船、積み重ねられたコンテナが並ぶ風景が、ここが港町であることを物語っている。夕暮れ時になると魔法のように灯り出す鮮やかなライトアップが、その瞬間を特別に彩ってくれる。


  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8739
  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8741
  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8743
  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8745

ヒンヨウル文化村

釜山港大橋を渡りヒンヨウル文化村で降りる。家々の間から輝く海がのぞく。ヒンヨウル文化村は、崖っぷちの険しい絶壁の上にある。そこに家を建てて暮らしてきた、避難民たちの悲しみと喜びの面影が残る町だ。
同じ海でも、エリアごとに雰囲気が異なる。狭い路地を歩いていると見つかるお店やカフェを巡るのも楽しい。あちこちにあるフォトスポットで、素敵な記念写真を残そう。


  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8747
  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8749

75広場

絶影路の散策の途中でひと休みできるスポット。75広場では、絵のように佇む美しい東屋「サジャ亭」が訪れる人々を迎えてくれる。
透き通るように青い南海の美しい風景を眺めながら、一人になれる時間を過ごそう。日が暮れると月明りに照らされる海が美しいので、夜に散策するのもいい。


  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8751
  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8753
  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8755
  • 1006番バスに乗って釜山の海を楽しむ8757

太宗台

1006番バスの終点である太宗台。タヌビ列車に乗ってエメラルド色の海を観賞しよう。太宗台をゆっくりと一巡りできる。もし一人になりたいなら、太宗台砂利海岸(チャガルマダン)に行ってみよう。丸く削られた砂利が波にさらわれてぶつかり合う音が、心を慰めてくれるはず。


市内バスに乗って出かける海の旅は、釜山での特別な体験になるはず。1006番バスに乗って、涼しい海風を感じながら、美しい釜山を楽しんでみては。

お勧めコース

海雲台
1海雲台
釜山と言えば、やっぱり海!その中でも、釜山の海の定番と言えば海雲台海水浴場だ。夏はもちろん、一年中、釜山を訪れる観光客なら一度は立ち寄るスポットだ。海雲台海水浴場は、どこよりもダイナミックな釜山の雰囲気が感じられる観光スポットとなっている。

#釜山 #海雲台海水浴場 #冬柏島 #冬柏海岸散策路 #ヌリマル #夏 #散策 #風 #ヒーリング #観光 #休暇 #家族旅行 #海 #海雲台屋台 #ザ・ベイ101 #海の旅行

広安里海水浴場
2広安里海水浴場
広安大橋というランドマークと一緒に、釜山を代表する海水浴場の一つである広安里。都心から最も近いビーチで、釜山の若者たちの聖地とも言える場所だ。 全国から集まる人々の味覚を満足させる多彩なグルメの饗宴、海の見えるカフェ、路地裏に点在するユニークな空間、春になると街をピンク色に染める南川洞桜通りなどなど。真っ白な砂浜と青い海はもちろん、広安里には無限の魅力が隠れている。

#釜山旅行 #海 #広安里 #海水浴場 #水辺公園 #夜景 #広安大橋 #マリンスポーツ #バナナボート #サーフィン #パドルボード #カフェ #刺身センター #フォトスポット #家族旅行 #広安里海水浴場 #子ども連れ体験 #夏休み #恋人とともに #自然 #友達とともに #クラフトビール #海の旅行

ヒンヨウル文化村
3ヒンヨウル文化村
絶影海岸散策路の急な崖の上に、一風変わった村が見える。海岸の崖の端に、海沿いの狭い路地を中心に小さな家々が密集している。ここは、かつて避難民たちが厳しい暮らしを始めた場所で、現在は村の住民と共生する文化コミュニティとなっている「ヒンヨウル文化村」だ。

#自然 #海 #旧都心ツアー #文化芸術村 #ヒンョウル文化村 #海の風景 #絶影海岸散策路 #崖 #階段 #路地 #休暇

太宗台遊園地
4太宗台遊園地
緑豊かな森を歩きながら、青い海が一望できる。長い間波に削られて様々な形になった岩の海岸が演出する神秘的な風景を楽しめる、釜山・影島南端に位置する太宗台。「太宗台」の地名は、美しい景色に心奪われた新羅の太宗武烈王が、ここで弓術を楽しんだことに由来するとされる。青い海に囲まれた奇岩怪石、豊かな緑を満喫できる太宗台は、韓国有数の旅行コースでもある。

#釜山旅行 #太宗台 #海岸絶景 #タヌビ列車 #釜山のデートコース #家族とともに #最高の写真 #影島灯台 #灯台ツアー #ビューポイント #インスタスポット

{{tourItem.place}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
{{item.like_cnt}}
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問したこと' : '訪問していない'}} 翻訳する

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계