본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

茶道体験

お茶に込められた意味を学ぶ

茶道体験
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 8,358
  • レビュー 0
  • 茶道体験1
お茶の作法にまつわる「茶道」のことが、韓国では昔から「茶礼」と呼ばれきた。韓国の「茶礼」は、長い間仏教を中心に継承されてきたが、仏教が弾圧された朝鮮時代になると茶文化は衰退し、自然に残った茶文化だけがお寺を中心に伝えられ、今日に至っている。そのため、今日の「茶礼」は、主にお寺で体験することができる。
  • 茶道体験1
  • 茶道体験2
釜山で茶礼体験ができる代表的な場所に、「金剛寺」というお寺がある。金井山麓の金剛公園の入口にある金剛寺は、歴史はそう古くないが、都心にあるお寺だけに多くの人々が気軽に訪れ、ゆっくりしながら心を癒す場所となっている。金剛公園を過ぎて金剛寺に続く通りを覆う緑が、これから出会うお茶の温もりのようにあたたかく感じられる。
  • 茶道体験1
  • 茶道体験2
  • 茶道体験3
  • 茶道体験4
素朴な建物で、端正に整えた韓服を着て真摯な姿勢で臨む茶礼体験は、大きく3つの順番で行われる。まず、韓国のお茶と茶礼の歴史、お湯の温度など基本的なことについて説明を受ける。次に、茶器を使ってお茶を入れる方法を習う。最後に、自分で入れたお茶を、講師の飲み方を参考にしてお茶の作法に合わせて静かに飲んでみる。静かなお寺の中でもさらに静かな茶礼の時間。木製の茶器と白い陶磁器の器が静かに調和をなす部屋には、落ち着きと穏やかな空気が漂う。茶器を運ぶ澄んだ音と、丁寧にお茶を注ぐ「ちょろちょろ」という音に、心も温まるようだ。
  • 茶道体験1
  • 茶道体験2
金剛寺はお茶で有名なお寺らしく、境内に茶畑がある。そのため、茶畑を歩いて見ることもでき、時期が合えば茶葉を摘んだり、茶葉を干したりする体験ができる。いつも緑色の美しい茶畑の間にいると、茶葉のさわやかな色とかすかな香りが漂い、自然と微笑みが浮かぶ。
  • 茶道体験1
  • 茶道体験2
  • 茶道体験3
金剛寺では普段も茶礼体験ができるが、毎年春になると特別な時間が過ごせる。「茶畑村文化祭」という名前のお茶のイベントが開かれるからだ。多種多様なお茶を味わいながらお茶の作法も習うことができる茶畑村文化祭では、茶礼体験はもちろん、様々なお茶やらくがんなどが味わえる。
端正な韓服を着た人々がまるで神聖な儀式のようにお茶を淹れる様子を見ているだけで、心が落ち着いて余裕が生まれる。正しく真摯な姿勢で淹れた一杯のお茶。お茶に向き合う人々も、春のお出かけに浮き立っていたことなどしばし忘れて、静かにお茶を吟味している。
忙しい日常の中でゆっくりとお茶を淹れていただく茶礼は、「非日常のぬくもりと余裕」を教えてくれるはず。
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 住所

    釜山広域市東莱区禹長春路(ウジャンチュンロ)211(金剛寺)
  • 電話番号

    +82-51-555-1383 (金剛寺)
  • 休業日

    電話お問い合わせ
  • 営業曜日及び時間

    お電話でお問い合わせください。
  • 利用料金

    20,000ウォン
  • 交通情報

    都市鉄道:1号線温泉場駅5番出口から徒歩16分
    マウルバス:東莱区1-1番で金剛植物園下車
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계