본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

三浦海岸キル

釜山三大浦のひとつ

三浦海岸キル
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 11,591
  • レビュー 0
目まぐるしく過ぎていく日々の中で、「ゆっくり歩く」のはとても意味のあること。忙しい日常から離れてちょっとした余裕を楽しみ、重荷を下ろしてゆっくり歩く。この道では、そんな時間が過ごせる。海雲台から松亭へと続く三浦海岸キルを紹介しよう。

三浦海岸キル

尾浦 - 尾浦チョルキル/ムーンタンロード - 青沙浦 - タリットル展望台 - 尾浦チョルキル - 九徳浦

  • 三浦海岸キル1
海雲台海水浴場の端に、三浦海岸キルの最初の入り江「尾浦」がある。高層ビルの間に佇む小さな「尾浦」は、海雲台臥牛山の「しっぽ」に当たる。通り沿いに刺身屋が立ち並び、海岸の防波堤では大物がかかるのを待つ釣り人たちが、静かに海を眺めている。尾浦には、五六島まで運行する遊覧船の船着場がある。もっと近くで海を感じたいなら、五六島まで行くこともできる。
  • 三浦海岸キル1
  • 三浦海岸キル2
  • 三浦海岸キル3
尾浦の新名所といえば、何といっても「尾浦チョルキル」だ。次の入り江の青沙浦まで続くこの鉄道は、かつて東海南部線の線路だった。2013年の廃線後に散策路として生まれ変わり、今では多くの観光客が訪れる。
線路のすぐそばに海が広がり、観光客にも釜山市民にも魅力的なスポットだ。線路沿いを歩いていると、消え去るものをいとおしむ気持ちになる。さらに線路を辿って歩くと、小さなトンネルにたどり着く。フォトスポットとして人気のスポットだ。
  • 三浦海岸キル1
線路を辿って青沙浦を目指すルートの他に、尾浦からムーンタンロードを通って青沙浦を目指すルートもある。タルマジ(月見)キルと海岸の間の丘にある森の中の散策路「ムーンタンロード」は、「月の光に照らされる道」という意味の名のとおり、夜になると美しい照明が灯って美しい景観を誇る。生い茂った海松の間から時々顔を覗かせていた海は、展望台のあたりからぱっと開ける。
  • 三浦海岸キル1
  • 三浦海岸キル2
尾浦チョルキルとムーンタンロードの先には「青沙浦」がある。海水がきれいなことで知られる青沙浦は、魚がたくさん釣れるため釣り好きの聖地とされている。赤と白の双子灯台が静かに立つ小さな入り江。遥かに望む水平線と波の音、風に乗って漂う海の香り。青沙浦では、五感で海を感じることができる。
最近では、この小さな入り江に「タリットル展望台」が完成し、海の上を歩いているようなスリル満点の体験ができるようになった。
  • 三浦海岸キル1
  • 三浦海岸キル2
線路はタリットル展望台から九徳浦まで続く。三浦海岸キルの最後の入り江「九徳浦」に至る道のあちこちには、名もない野花や雑草が揺れ、疲れた旅人を励ましてくれる。
  • 三浦海岸キル1
これまでの入り江と比べて素朴な印象の九徳浦は、海の余裕を満喫するには申し分のない場所。線路の果てで出会う九徳浦の海では、悩みも心配事も白い泡と一緒に消えて行く。海岸に沿って伸びる細長い道路を歩くと、サーファーの聖地である松亭海水浴場にたどり着く。
三浦海岸キルは、釜山を代表する入り江の「尾浦」、「青沙浦」、「九徳浦」を結ぶことから名付けられた。慌ただしい日常から離れてゆっくり歩きながら、開放感ある海の風景に癒されよう。

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계