본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

刺身日和

新鮮な海の味、釜山の刺身と海鮮定食

刺身日和
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 11,958
  • レビュー 0
  • 刺身日和1
  • 刺身日和2
「おばさん、今日は何がいい?」
「全部新鮮だよ!」
「なら大きいの一匹と、テナガダコのぶつ切りもお願い!」
  • 刺身日和1
釜山旅行には、刺身が付き物だ。
波に街の明かりが映る海を楽しんだら、最後はやはりグルメが定番のコース。歴史が感じられる老舗で人情あふれる釜山の人々と楽しいひと時を満喫するもよし、夜景の見えるレストランでロマンチックに過ごすのもいい。釜山の刺身は、どこで食べても充分においしい。
  • 刺身日和1
  • 刺身日和2
釜山の方言を交えてお刺身を注文してみよう。まず、アワビの肝などが入った温かいお粥が出される。いわゆるオードブルのようなもので、胃腸の調子を整えてくれる。ふーふーと冷ましながらお粥を口に入れると、ちょっぴり苦い海の香りが口の中に広がる。アワビ粥は、「お粥の王様」と呼ばれるほどスタミナにいいので、かつては重要な客人をもてなす際に出された料理だ。
続いて、色とりどりの魚介類とたくさんの小皿が並ぶ。彩り豊かでおいしそうだ。目と口が同時に満足できる瞬間だ。何から食べたらいいか迷ってしまうほど。実に幸せな悩みだ。
  • 刺身日和1
まず、テナガダコのぶつ切りから食べてみる。口の中に吸い付いてうごめく珍しい食感を満喫できる。おそらく、韓国料理の中で一番ダイナミックな料理ではないだろうか。テナガダコは、スタミナを補給してくれる最高の滋養食の一つだ。効能が高麗人蔘に匹敵すると言われるほどだ。また、肝臓の解毒機能を促進させて二日酔いを緩和してくれるタウリンが多く含まれ、お酒好きの間では最高の肴と言われる。「春はイイダコ、秋はテナガダコ」という言葉がある。テナガダコは秋に旬を迎えるからだ。おっと、まだテナガダコにしか箸を付けていなかった。寿司、ゆでサザエ、ゆで海老、ホヤ、チヂミ、野菜などなど。口に運べば、様々な海の珍味が舌を楽しませてくれる。
  • 刺身日和1
  • 刺身日和2
小皿の料理が一つずつなくなる頃、美しくきらめく旬の刺身がいよいよやってくる。まるでテーブルの真ん中に花が咲いたようにきれいだ。海と板前さんが一緒に生み出す一つの作品で、まずは目で十分に楽しむのが礼儀だろう。獲れたての新鮮な刺身は、特有のさっぱりしたコシ感がある。魚の種類によって異なる微妙な食感を比べてみるのも面白い。コシのあるクロソイ、淡泊なヒラメ、柔らかい鯛を食べ比べてみる。釜山グルメ旅行の醍醐味と言える。
春はメイタガレイ、夏はニベ、秋はコノシロ、冬はブリが一緒に供される。一年中多彩な海の味が楽しめるのだ。刺身には不飽和脂肪酸が多く含まれており、コレステロールを低下させるので生活習慣病の予防にも効果的。やはり、釜山旅行で刺身は欠かせない。
  • 刺身日和1
  • 刺身日和2
まだまだ、これで終わりではない。おいしそうな天ぷらと、香ばしく焼きあがったサンマがまだ残っている。しめはちり鍋か魚の辛味スープがいい。なんて考えていたら、サービスでサバの刺身が出てきた。しばらくしめはおあずけだ。
まさに「刺身日和」だ。
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계