본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

豚肉クッパ

温かくて心強い釜山の永遠なパートナー

豚肉クッパ
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 10,055
  • レビュー 0
釜山と言えば思い浮かぶグルメは何だろう。数え切れないほどあるが、一つ選ぶなら、やはり他の地域では簡単に味わえず、釜山で食べるのが一番おいしい豚肉クッパだろう。

元々、豚肉クッパは黄海道の料理だったそうだ。韓国戦争の際に避難してきた黄海道出身の人々が、豚肉と内臓などを一緒に煮込み、たくさんの人が食べられるようにと作った料理がルーツとなった。韓国戦争の直後はご飯より麺を入れて食べるのが一般的だったが、戦争が終わってお米が手に入りやすくなると、クッパの形へと発展してきた。
  • 豚肉クッパ1
  • 豚肉クッパ2
豚肉クッパのお店は、遠くからでもすぐにわかる。数時間かけて大きな釜で豚骨を煮込むいい匂いがするからだ。24時間営業の豚肉クッパ専門店が多い理由は、濃厚なスープを作るために豚骨をずっと煮込まなければならないためだ。
  • 豚肉クッパ1
  • 豚肉クッパ2
釜の横に積み上げられた肉を切って土鍋に入れ、釜で煮立っているスープを注ぐだけでクッパが出来上がる。一見、注文するとすぐに出てくる「ファーストフード」のように見えるが、このスピードで料理を出すためには長時間煮込んだ濃厚なスープが欠かせない。韓国の「ファーストフード」ともいえるクッパを作るには、こだわりの「スローフード」の精神が欠かせないというわけだ。
  • 豚肉クッパ1
  • 豚肉クッパ2
豚肉クッパの食卓は素朴だ。塩味を調えるためのアミの塩辛、濃いスープに辛味を付ける薬味とニンニク、タマネギ、唐辛子、にら、前菜として食べるそうめんが全部だ。お客さんに出す前に薬味を入れる場合が多いが、実は食べる時にお客さんが自分で薬味とアミの塩辛で味を調えるのが定番だ。食べ方に精通している人は、まず味付けされたにらをたっぷり入れて歯ごたえとあっさりした味を加えてから、薬味とアミの塩辛で塩加減を調える。
  • 豚肉クッパ1
  • 豚肉クッパ2
一般的な豚肉クッパのお店のメニューは、豚肉クッパ、スンデクッパ、ホルモンクッパ、盛り合わせクッパ、ゆで肉定食である。具のないスープとゆで肉、炒めたキムチが一緒に出てくるゆで肉定食は、人数が多い時に注文しておかずとして食べるといい。ゆで肉は野菜で包んでポッサムのように食べることもできるので、酒の肴としても人気がある。

熱々のゆげが立つ豚肉クッパを一口食べてみる。塩加減をした熱々のスープと肉を口に入れると、クッパの旨味が口の中に広がる。どの料理よりも簡単でリーズナブルだが、人情あふれる釜山の味には舌を喜ばせる不思議な力がある。いつの間にか、額に汗がにじんでいる。
おいしいクッパの味を満喫してみよう。
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계